ZEH支援事業

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業

■ZEH(ゼッチ)とは
住宅の断熱性能や設備の省エネ性能を向上すること、そして太陽光発電システム等でエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量の収支をゼロまたはプラスにする住まいのことをさします。

ZEH住宅:
断熱(夏は涼しく冬は暖かい)×省エネ(高性能設備)×創エネ・畜エネ(太陽光発電等)=エネルギー収支0

地球環境に優しい暮らしの実現に向けて、「住宅の省エネルギー化」が最重要課題のひとつになっています。温室効果ガス削減に貢献でき、地球環境にやさしい暮らしをめざし、政府では2020年までに標準的な新築住宅のゼロ・エネルギー化を推進しています。 

■ZEH(ゼッチ)の流れ ZEHはエコ住宅ですので、今後のエネルギー施策を考えても、政府は積極的に推進していきたいと考えています。 具体的には、2020年までにZEHまではいかないまでも省エネ基準を新築戸建てには義務付け、2030年には、新築住宅の平均でZEHを実現しようとしています。つまり、これからの新築住宅は、ほとんどがエコ住宅になっていくわけです。 

■ZEH(ゼッチ)には補助金制度の優遇措置があります
新しく家を建てる多くの方がZEHの仕様を導入しやすいように国は補助金を出し普及を促進しています。 

《補助金》
一戸あたり125万円 

《補助金の対象者》
新築戸建を建てたい人でも住宅のリフォームでも構いません。 エネルギー生産量と消費量が概ねゼロの住宅を目指せば、誰でも申請可能です。 

《申込条件》
ZEHにするための太陽光発電・高断熱仕様・省エネ住設機器(省エネ給湯器・高効率エアコン・LED照明など)・HEMSを採用することで補助金基準をクリアします。
(1)申請者が常時居住する専用住宅であること。
(2)年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ以下で、なおかつ平成25年基準、あるいは事業主基準における基準一次エネルギー消費量に対して20%以上削減されていること。
(3)一定の断熱性能基準を満たすこと。
(4)導入する設備が一定の用件を満たすこと。
(5)10kW未満の太陽光発電とHEMSを導入すること。
(6)省エネに関する報告を工事完了後3年間できること。またSIIが行うアンケート調査等に協力ができること。
※条件を満たしていても、予算額を超える応募があった場合、補助金が交付されない場合があります。
※1物件につき1申請しかできないため、複数の住宅会社から同時に応募できません。
※本支援事業と補助対象が重複する国が行う補助事業とは重複申請できません。

■アッシュコーポレーションでの取り組み

2020年度における年間のZEH建築割合を半数以上とすることを目標としてます。 
H29年度年間建築棟数 3棟

 

《ZEH 事業計画書》

2017年度(平成29年度)実績
非ZEH 100%                ZEH 0% 

2018年度(平成30年度)新築
非ZEH 70%                ZEH 30% 

2019年度(平成31年度)新築
非ZEH 60%                ZEH 40% 

2020年度(平成32年度)新築
非ZEH 40%                ZEH 60% 

■ZEHの周知・普及に向けた具体策
2020年までに新築住宅の半数以上がZEH仕様になるよう、HPやチラシでの告知、お打合せにてお客様にお伝えするなど周知・普及に努めたいと考えています。 

■ZEHのコストダウンに向けた具体策
取引先との協議・協力のうえ、ZEHのモデルプランの標準仕様を作成するなどし、集中発注することによりコストダウンを計ります。 

■その他の取組みなど
自然エネルギーを生かした省エネルギー化、ランニングコストを抑えるための設備、快適な住まいをお客様にご提案します。